2008年08月11日

情報商材に騙される人は2回利用される

情報商材を購入したけれど、
詐欺情報だった・・・

この場合、何が悪いのかと言えば
購入した人の判断力でしょう。

詐欺情報を販売している人が
悪いのでは?

その通りですが、
騙された人の判断力は悪くなかったといえるでしょうか?

いえません。

騙された人はその後どうするか?

アンチ情報起業家のセミナー講師に相談して、
なぐさめてもらってるみたいです。

金をだまし取られた後に
その悲惨な体験談を無料で、

セミナー講師に提供するわけですから
2回、賢い人?に利用されているといえるでしょう。

・貧弱なコンテンツを高額料金で購入してしまう、
・自分の貴重なコンテンツを無料で提供してしまう、

詐欺情報起業家とアンチ情報商材のセミナー講師よりも
ネットビジネスのセンス的にやはり駄目なわけです。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック