2008年10月16日

000塾?

Googleで某有名人について
複合ワードで情報検索していたら
全くもって役に立たない情報ページが上位にヒットし、

かなり不快でした。

そのサイト運営者の
アドセンスアカウントの停止を依頼しようか検討中。

下らないペラサイトを見つけたら → グーグルに通報?

そのページの特徴は

・1枚物のペラページ
・誤字がある、内容がない
・改行をしていないので読みにくい
・アドセンスをクリックさせたいがためのページ作成
・ライブドアPROから被リンク。

これが噂の
000塾なのでしょうか。

アドセンスと1枚物のペラサイト・HTML



posted by かず | Comment(4) | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのコメント
こんばんは^^
基本ROM派ですが、、、

思うに、

あえて満足できない
サイトにしたのでは?

つまり、

サイトにアクセスを呼んで
その情報で満足した時、

さらに
アドセンスを踏むのか疑問です。

むしろ、満足出来なくて
別のサイトに行こうという時に

訪問者の希望とマッチした
アドセンスが表示されていたとすると

訪問者がアドセンスを
踏むのは自然な動きでないかと思うのです。

なので
あえて不親切なサイトにしたのでは?
Posted by ダメ男 at 2008年10月16日 22:24
コメントありがとうございます。

>あえて不親切なサイトにしたのでは?

私もそう思います。

一般の読者は
コンテンツに不満が残る場合

→戻るボタンで帰る
→アドセンスをクリック

という選択しか
知りません。

低品質なアドセンスサイトが存在し続け、
そのサイト運営者に広告収入が入り続けている理由の一つです。

その広告料金を使って
外注を雇い、さらに低品質なものを量産しているというのだから始末が悪い。

この状況は検索者としても
広告出稿側としても歓迎できるものではありません。

そこで

→Googleにコンテンツの質の低さを報告

この選択肢を
普及させる事で

質の低いアドセンスサイトが淘汰され
全体的にwebの品質が上がるのではないかと考えています。

広告主側も
安心してアドセンス出稿できるようになるでしょう。

そう考えた結果
微力ではありますが

「下らないペラサイトを見つけたら → グーグルに通報?」

というキャッチフレーズで

多くの人に
グーグルアドセンスの通報先を
知ってもらおうと記事にしています。
Posted by 管理人 at 2008年10月16日 23:34
なるほどですね。

グーグルのページに飛んだのですが

まず英語で書かれているので、
一番気にしないといけないグーグルに
日本語的な意味で、頑張って欲しいですね^^;

ではでは♪

Posted by ダメ男 at 2008年10月17日 07:24
長期にわたって
インターネットで作業を続けていく予定の人は

訪問者に嫌われない
良質なサイト作成をする事が
重要になってくると思います。
Posted by 管理人 at 2008年10月17日 12:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック