2008年10月31日

職人系のアフィリエイター

サイト作成にこだわりある、
職人気質のアフィリエイターは

情報商材というマニュアルに従う事で
その良さが一気に失われます。

ーー

プロの料理人が、
フランチャイズの店で働くことになった場合。

20分かけて良い料理を作りたいのに
マニュアルに従って10分で作成しろといわれ、
まず、ストレスがたまる。

それを無視して20分で作成したところで
お客さんは学生だったりして、
その料理は評価されないどころか遅いと苦情を言われる。

自分のプライドを押し殺して
10分で作成したところで

何の料理修行もしていない
バイトが作成するのと似たような料理が出来上がる。

ーー

情報商材というのは
知っての通り作業マニュアルです。

こだわりあるアフィリエイターがそれを読めば
プラスになるどころかマイナスになり得るものです。

商材を購入して勉強しているのに
一向に稼げるようにならないという人は

こだわりある
職人気質な人なのかもしれません。

自分の性格は本来、
マニュアルを受け付けないはずなのに

妙なメルマガを毎日購読してしまった結果
自分にはマニュアルが必要だと思うようになる。

そのマニュアルをいざ購入してみたはいいけれど
本来の職人魂が邪魔をして、その通りに実行する事が出来ない。

この負のスパイラルを脱する第一歩は
自分にはマニュアルは不要だと気づくことではないでしょうか。

私自身は
情報商材は読みますが
その通りに作業をする事はほとんどなく
ライバル店の下見程度に扱っています。

せっかく自由に作業ができる環境にあるのに
妙な人間が作成したマニュアルになんて
従っていられませんよ。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック