2008年11月16日

稼げなければ辞める

物販アフィリエイトの場合は
商品が売れない場合は素早く見切る事が重要です。

もちろん売れた場合は
その商品をさらに積極的に紹介していきます。

稼げない場合は
ねちねち補強するのではなく素早く見切って下さい。

ロングテールで
1アクセスでもあればいいか程度に放置します。

それでは、
稼げない原因が商品ではなく
アフィリエイターにある場合はどうしたらよいのでしょう。

売れる商品なのに
その人が紹介したから売れないという
負の付加価値がついている場合です。

この場合、基本通り
素早くアフィリエイトを辞めて下さい。

ASPやECサイトの対応を今一度確認して下さい。

優良アフィリエイターの料率を優遇し、
色々な有益情報を教える一方で

稼げないアフィリエイターは放置していますね。

これは
アフィリエイトの基本行動そのものです。

ショッピングモール系の会社は
そういったアフィリエイターに対して

「好きなジャンルで好きな事を書きましょう。」

とアドバイスします。

「どうせヘッドは狙えないんだから
ショッピングモールのロングテール補強でもして下さいよ」

というのですから
もったいない精神のたまものです。

「もっと頑張れ!継続は力なりだ!」

そんな力強い応援をしてくれるのは

マニュアルを販売すればするほど稼げる
怪しいインフォプレナーと情報商材アフィリエイターだけです。

継続してもらわないと
マニュアルを買ってくれないので応援せざるをえません。

いわゆるノウハウコレクターという人が
まず、気付かなくてはいけない事は

マニュアルがないと
何も自分で有益な行動をとれない時点で
その作業は自分に向いていないという事です。

自分に合っていない作業だからこそ、
それに費やす時間を最小限にすべく
最短の道を探し続けているのではないですか?

好きでもない作業に
ASPやECサイトから冷遇されながら、
これ以上関わる事は時間の無駄になりかねないと思うのですが

それでもまだ、
アフィリエイトという作業を続けますか?

この辺でもう辞めた方がいいとは思うのですが、

作業を続けると決めたならば

モチベーションがどうこう言わず、
妙なテクニックに走らず、

堅実なアフィリエイト作業に
時間を使うのがよいと思います。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック