2008年12月03日

少しだけ面白い楽天アフィリエイト手法

商品名+副作用や
商品名+駄目、悪い評判などで

検索してくる慎重な方というのは
必ずいます。

その方たちが満足するコンテンツを
自分で記事を書いて用意してもよいのですが、

ボタン一つで
簡単にそれらを表示させる事もできますので
その方法を知っておくのも悪くないと思います。

URLからリンク作成機能を使用します。

例えばシャークスチームモップならば

>>シャークスチームモップの悪い評判一覧

プエラリアプラザのレディースプエラリアなら

>>レディースプエラリアの悪い口コミ一覧

このように
購入者のレビューページを

評価の低い順に並びかえると
検索者が満足するコンテンツを数秒で作る事ができます。

また、クリック率も
割と高くなると思います。

いわゆる
楽天クッキー狙いというやつです。

商品の悪い口コミを探すという事は
潜在的には購買意欲があるわけですから、
良かったら買ってね、くらいのスタンスです。

楽天リンクに誘導せずに、

自分で悪い口コミ記事を書いて
GoogleAdseneを張るのも一つの方法だとは思うのですが、

広告主にとってみれば
少しだけ面白くないサイトなので

クレームの一つも出したくなってきます。

プエラリアの広告主というのは
案外、ライバルアフィリエイターだったりするんです。

その点に注意しましょう。

補足・少しだけ面白い楽天アフィリエイト手法




この記事へのコメント
とっても面白い内容の記事です。

アクセス解析をしっかり見ていらっしゃるんですね。

悪いイメージのものは、どうしても作成に敬遠しがちですが、
たしかに、買う気になっていても、最後に躊躇するところを自分に納得させるために、悪い検索をしているわけですもんね。

意外と、購入に近いワードなんですね。

アドセンスばっかりやってると、出てこない発想です。
メモらせてもらいます。
Posted by じょるん at 2008年12月03日 13:08
こんにちは。

商品名+口コミ

だとSEOアフィリエイターが用意した
作られた口コミサイトばかりですし、

かといって

商品名+生の口コミ

などと検索しても
情報は出てきません。

ですから、

商品名+駄目、効果なし、

などと検索して、
生の口コミ情報を探しているのだと思います。

基本的には
疑い深い訪問者なので

なかなか注文ボタンをおさないでしょうから、

クリックされればOK程度に考えておくと
精神的に楽だと思います。
Posted by 管理人 at 2008年12月03日 13:36
管理人さま、早速のコメントへの返事ありがとうございます。

楽天のクリックのすごさについては、
認識しているつもりです。

こういう方法に気づかせていただいたことに感謝です。

たしかに、自分が検索するつもりになると、こういう行動とりそうですね。
Posted by じょるん at 2008年12月03日 13:58
物販アフィリエイターは
基本的に商品を売りたいので、

こういった悪い口コミ系の
情報サイトはあまり作成したがらないようです。
Posted by 管理人 at 2008年12月03日 19:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック