2009年04月02日

その2・外注ライター、記事単価アップの交渉をする場合

前回の続きです。

最近、SOHOサイトで
副業ライターを始める人が増えています。

副業ライターが気になるのは
やはり1記事あたりの単価。

副収入を増やしたいとは思うけれども
初めてのことなので記事単価アップの交渉に
苦手意識を持ってしまう人が少なくありません。

私はライターではなく
記事作成を依頼する側なのですが、

記事単価に悩むライターさんのために
効率の良い交渉術について考察してみたいと思います。

その1・外注ライター、記事単価アップの交渉をする場合

まずは相手が指定してきた記事単価で
納期を守って良質な記事を書き、

依頼者の信頼を得ることが
大切と書きました。

そして、信頼された後に
依頼者側の事を考えて交渉メールを送る。

これが記事単価アップの
基本的な流れになります。

納期を守って最初は文句を言わずに
良質な記事を書くのは基本中の基本です。

効率的に記事単価をアップさせたいライターは
依頼者側の視点を持って下さい。

私の場合、良い記事かどうかの判断を正確にするため
自身のチェックに加えて

ヤフーサーファー、オールアバウトガイドの審査を
利用しています。

サイトチェックの専門家をうならせるコンテンツを
作成できるとなれば

「記事単価を上げましょうか?」

とこちらから提案したくなってしまいます。

「ライターさん、あなたの得意分野は何ですか?」

「〜のジャンルでサイトを作り
オールアバウトに登録されました。」

こういった実績は
記事単価アップに良い影響をもたらすでしょう。

お気づきの通り、これまで述べてきたことは
依頼者と自分(記事単価をアップしたいライター)という
1対1の関係しか見ていません。

通常、依頼者は複数のライターに
記事作成を依頼しています。

依頼している他のライターと比較しバランスをとりながら
記事単価を決定しているのです。

「良い記事をいつも納品しているのに
全然記事単価が上がらない!」

良い記事を書いたつもりになっているだけで

相対的にみると
「普通の記事」が納品されたと
依頼者がとらえる場合もあるという事です。

依頼者側の視点をぜひ持って下さい。



posted by かず | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのコメント
>「〜のジャンルでサイトを作り
>オールアバウトに登録されました。」

>こういった実績は
>記事単価アップに良い影響をもたらすでしょう。


でも、オールアバウトやヤフカテ登録は、内容の良さだけじゃなくて 運やちょっとしたタイミングも 大きいですよね。

あんまり期待されると、外注さんはプレッシャーだと思いま〜す^^;
Posted by 大マジメ at 2009年04月02日 21:49
運も結構、関係していると思いますね。

ネット内職と言うのは
正直、手抜きをしてもなかなかばれにくいものですから、

適度なプレッシャーは必要なんじゃないかと。
Posted by 管理人 at 2009年04月03日 07:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック