2009年05月09日

間違いワード

アフィリエイト手法の一つに
間違いワードを狙うというのがありますが

イメージというかブランドに悪い影響を与えるという事で
そういった集客を嫌う企業もあるようです。

そういう企業は
ASPのプログラム詳細説明のところに

商品名の間違いに
くれぐれもお気を付け下さい!

などと書いていることが多いです。

もちろん書いていないだけで、それを嫌っている場合もあるので
警告が来たら辞めようというプラスα的な戦略と考えるとよいと思います。

例えば、
ショップジャパンの人気商品に
シャークスチームモップというのがありますが、

上位表示させるのは難しそうだと感じた場合に
ノータッチで逃げるのではなく

シャークスティームモップなどという記事を
半分遊び感覚で書いてしまおうという。

そういう補助的手法です。

スチーム⇔スティームは間違いといえるかどうか知りませんが
発想としてはこんな感じです。



posted by かず | Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのコメント
多くのショップ(ECサイト)は、
間違いワードのPPCは出していますね。

 シャークスティームモップ

での検索結果に、PPCの表示部分には
ショップジャパン公式サイト、とか
出していたりします。
どう間違われるのか、
ショップジャパンもわかっているんですよね。

商品名の不備(?)に対して
検索エンジンにお金を払って
後追い対応をするぐらいなら、
最初から、間違いワードになりにくい
キーワードを調べてから使えばいいのに…
とか思ってしまいます。

でもGoogleも間違いワードなんですよね。
http://blog.nitty-gritty.org/archives/000780.html
どこでもやりがちな話なのかも。
Posted by 知ろうと at 2009年05月10日 10:39
何はともあれ、
間違いワードで集客するのは面白いですね。
Posted by 管理人 at 2009年05月10日 23:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック