2009年06月10日

レビュー・非常識なSEOの常識

Search engine optimization非常識なSEOの常識という本を
読んでみました。



この本を執筆したSEO会社、
アウンコンサルティングでは

SEOアナリストという専任スタッフが
365日アルゴリズムの検証を行っているそうです。

その検証によって導きだされた6つの対策構成要素に対して
満遍なく施策を行う事が大切、という本です。

1つだけ、
たとえば外部リンク偏重のSEOなどを危険視するスタンスで

安定してサイトを上位表示させたいならば
しっかりと6対策しましょうと。

逆に、
巷の噂・些細なSEO要因を気にして
10個、20個の対策をするくらいなら

SEOのスタンダードである、
この6対策を徹底した方がよいという事で
これはそうだと思いました。

基本的な事ができていないのに
些細なSEOが気になって仕方がないという
アルゴリズムの人が結構いますよね。

目新しいSEO情報を収集したり
些細な要因にとらわれたりすることなく、

本人の弱点である
基本対策の実施に労力を費やした方が
良い結果が生まれやすいと思います。

SEOに関する知識は豊富なのに
実際のところ
ヤフー、グーグルで上位表示できていない場合は

基本に戻る意味で
この本を読んでみるといいかもしれません。

Search engine optimization非常識なSEOの常識





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック