2011年04月16日

成約率の低い「下手な落語」のようなコンテンツ?

ホームページやブログに掲載するコンテンツは
やはり、自分の言葉で書いた方が良いです。

成約率にも関係してきますし。

例えば・・・

サイトに掲載する文章を作成しようと思ったけれども、
上手く書けないので、
"誰かのサイトのコンテンツ"をコピー・リライトして
楽をしようと考えた40代の人がいたとしましょう。

"元のコンテンツ"を制作したのが、
20代の人であった場合どうなるか?

若い勢いのある文章と、
大人の落ち着きのある文章が混じった
「下手な落語」のようなサイトが出来あがってしまうわけです。

笑え・・・ないですよね?

本物に反応する、質の良い訪問者ほど、
インチキに気づきやすいことを考えると?

違和感を感じさせないリライトスキルを磨くよりも、

自分の言葉で成約させる方向性で頑張る方が
良いのではないでしょうか?




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック