2007年12月02日

記事のリライト方法

SEO的に記事のコピーはあまりよくないので
自分でリライトをする必要があるわけですが、これが結構
面倒なんですよね。

(関連記事 リライト不要の記事サービスについて

私はブログ検索でよく、他の人のリライトノウハウを眺めたりするんですが、
関西弁の人が結構多いんですよね。

方言変換ツールというのがありまして
標準語から関西弁に変換してリライトしているんでしょうね。

語尾変換の一種といえるかもしれません。

私はそれよりも、誤字変換の方が好きです。

例えばビリーズブートキャンプという商品が紹介された時は
ビリーザブートキャンプと間違うわけです。

これもリライトといえますよね。

さっきの、関西弁リライトなら物販で相当
コンバージョン率が下がると思いますが、
間違いワードの購入率はかなり高いです。

商品名を間違うようなそそっかしい人は
あれこれ考えずに即購入してくれるみたいです。

柑気楼と柑橘楼、
スレンダーシェイパーとスレンダーシェーパーなど。

関連記事 

リライト不要の記事サービスについて

誤字でアフィリエイト




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック