2008年03月29日

記事サービスのリライトを手抜きする理由

記事サービスを利用している人の中には
相当な時間をかけてリライトをしている人もいると思います。

私は最小限のリライトで済ませています。

語尾をかえたり、
リスク⇔危険性などと言い換えたりするくらいです。

いくつか、私の記事サービス利用ブログを公開していますが、
リライト手抜きでもほとんど全てのブログが、インデックスされていますよね。

ヤフーにもグーグルにも。

ということは、
このレベルでスパム扱いはされない、
ということなんじゃないでしょうかね。

普通のサイトとして認識される。
普通だから、上位表示はあまりされない。

上位表示させるためには
ある程度、オリジナルコンテンツが必要なんだと思います。

「記事サービスのリライトを徹底すれば
上位表示できる可能性が高まるのでは?」

ヤフカテサイトや、既に上位表示できているサイトのリライトを
徹底した方が確率高いんじゃないでしょうか。

文章の流れだったり、キーワード頻度やら隣接している言葉などが
人間と検索エンジンに好かれているわけですよね。

しかも記事サービスと違って
無料で、リライトできます。

☆☆

通常、何かの記事をリライトをするときは

・スパム判定
・著作権違反

という2つの注意点があると思います。

記事サービスを利用するメリットは
著作権的な問題が発生しない、という事なのではないかと。

あとはインデックスさせるだけ?

インデックスさせるだけで満足な人は
格安記事サービスで十分ですね。

上位表示、ということまで考えると
外注さんなどにオーダーメイド記事を書いてもらった方が
いいのかもしれません。

私は上位表示されなくても
インデックスされてたら○、でサイト作成しています。

リライトしなくてもインデックスされた記事サービス

☆☆

補足

アドセンスチームから警告がこないように、という目線で
リライトするのは重要かもしれませんね。

これは太もも痩せに効果があります。
→太もも痩せに効果がある、という話を聞いた事があります。

もし薬事法、強化月間に入ったら怖いですしね。





posted by かず | Comment(0) | TrackBack(0) | 記事作り

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック