2008年05月17日

山村暮鳥の詩・いちめんのなのはな

小学6年生の時の国語の授業で
いちめんのなのはな、という山村暮鳥さんの詩を読みました。

いちめんのなのはな、という繰り返しによって
菜の花の風景がよく伝わってきたとか、

そういった感想を書いたと思いますね。

黄色い色鉛筆で
菜の花の風景を絵にしました。

他の人もこんな感じだったと思います。

しかし、今はというと
いちめんのなのはなスパム??

と思ってしまったんですよね。

詩というのは読んだ年齢によって
本当に感想が全然変わってきますね。

そしてGoogleでいちめんのなのはなを検索してみて
スパム判定されているのかチェック。

普通に
いちめんのなのはな検索で
いちめんのなのはなという詩が上位表示できていますね。

検索エンジンも
キーワードの繰り返しが、

反復法という表現技法だった場合は、
スパム判定しないんでしょうかね。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック